資料紹介

~史料紹介その1  天台座主記~
 大日本資料 第12部 第37編 429ページによれば、天台座主記に義郷の事が記されている。
 その内容は以下の通りである。なお、①は江源武鑑と同内容であるが、②については、江源武鑑に記載がない。
 ①慶長15年7月17日に、義郷が領地を加増されるべきところ、義郷が徳川家康に対し、比叡山延暦寺への加増に使ってほしいと要請した。
 ②慶長16年3月3日、行元三會(研究室注、元三会の事か?)、願主佐々貴屋形が300貫文を寄進した。

〜史料紹介その2 銅水瓶〜
 『特別展 近江社寺シリーズ 第1回展 聖衆来迎寺』によれば、聖衆来迎寺には銅水瓶が1口所蔵されている。
 そしてこの瓶を入れる箱に裏書きがあり、『此唐瓶者佐々貴管領源高頼朝臣五男高信発心之後号真玄上人當寺中興也此器上人一生自愛之物也』という文がある。また、瓶の底裏には『佐々木』の刻銘がある。
 なお、製作期は室町期と考えられる、としている。
 
 
六角佐々木氏系図略