第5章 氏郷50歳頃まで(1661年~1670年)

 
 第1節 氏郷と寺僧との交流

 前述の「夢窓国師俗譜」によると、寛文3年(1663年)9月晦日に、「佐々貴管領氏郷朝臣」が京都の相国寺を訪れ、夢窓国師の生年について誤りを正している。
  ところで、滋賀県大津市に「聖衆来迎寺」という寺院がある。氏郷が相国寺に立ち寄った翌年の寛文4年(1664年)、同寺の第9代住職利曳和尚が没した。その事は第10代舜英和尚が「来迎寺要書」という寺歴書を書いた際、寛文5年(1665年)10月に利曳和尚一回忌の事を記している事から知ることが出来る。
 この利曳和尚一回忌に際し、氏郷が「悼 利曳和尚一回忌和歌 源朝臣氏郷」と題した和歌を贈ってきたのである。この史料は現在、滋賀県立琵琶湖文化館に寄託されている。この内1首には

「むつましく ちきりし事もむかしにて  夢とそおもふ あたしよの中」

 とあり、氏郷と利曳和尚との交流が相当古くからあったことが察せられる。そしてこの交流は、少なくとも延宝3年(1675年)4月まで続くのである。
 なおこの和歌は最初に井上聡美氏が発見されたが、佐々木氏郷を沢田源内であると理解されていた為、沢田源内の和歌として紹介されている。それを当研究室で再調査を行った結果、佐々木氏郷の和歌であると断定するに至ったのである。また、同寺では最初から佐々木氏郷の和歌であると伝承している。

佐々木氏郷直筆 『利曳和尚一回忌和歌』

 

第2節 先代旧事本紀(ササキ本)と「京極内蔵助」

 氏郷が「利曳和尚一回忌」に和歌を贈った5年後「先代旧事本紀」と呼ばれる不思議な書物が出版された。この書物は先代旧事本紀の中でも、「ササキ本」と称されている30巻本であり、「京極内蔵助」から出版された。
 川瀬一馬氏は下記著書にて、寛永中の活字に若干新雕活字を混ぜて摺刷し、巻末に寛文十年の跋文刊語を付けたもの(東洋文庫本)と、付けないものがあると述べられている。そこで、跋文刊記を付けた東洋文庫本を見ると、跋文刊記は次の通りであった。

 

 

 これから述べる事は、聖衆来迎寺の舜英和尚、そして和尚と関係を持っていた京極内蔵助の2人共が、氏郷の協力者だった可能性が高いという事である。その事を聖衆来迎寺所蔵「来迎寺要書」から読み取っていこう。


 第3節 「来迎寺要書」による寺歴と氏郷

 「来迎寺要書」の井上氏による翻刻文を見ていこう。なお各文章が長文に渡るため、可読性向上のため改行等を挿入させて頂いた。

滋賀県立琵琶湖文化館刊行
『滋賀県立琵琶湖文化館研究紀要』 3号・4号・5号
土井通弘「〈資料紹介〉 来迎寺要書 三冊」

まず、『紀要』3号の36頁に以下の文言が見える。

 聖衆来迎寺中興の住職が、佐々木高頼の子息であったとする。そして「江州之屋形義秀」とするように、氏綱系正統説を取っている。ここで「大系図評判遮中抄」を今一度見てみよう。

「彼偽名三世ヲ実トセンカ為ニ阿党数輩ヲ集メ、寺僧神人等ヲ語ラヒテ、天文六年ヨリ元和七年マテ八十余年カ間佐々木家ノ日記ヲ偽作シテ廿巻トナシ、江源武鑑ト名ケテ刊行ス」

 という記述である。沢田源内(佐々木氏郷)が寺僧等と共謀して「江源武鑑」を刊行したという。そして実際に、氏郷と長年関係を持ち、氏郷生存中に氏綱流正統説を伝承していた寺が有ったのだ。
 ではその活動はどのようなものだったのであろう? 単に共謀し「江源武鑑」を刊行し、沢田源内(佐々木氏郷)がその見返りに同寺初代住職を佐々木六角氏に繋げる偽系図を作っただけなのだろうか? さらに「来迎寺要書」を読み進めてみよう。


 第4節 京極内蔵助と舜英和尚の物語

 『紀要』第6号18頁以下には以下の文言が見える。



 上記の通り、来迎寺の舜英和尚は真雄上人の覚書を披露している。この覚書にも「江州之屋形義秀」の物語が書かれていたと思われる。なぜなら、覚書が定頼系正統説だった場合、覚書を披露した和尚が書いた「来迎寺要書」が氏綱系正統説になるのは不自然だからだ。

 従ってこの記事は、佐々木氏郷生存時における、氏綱系正統説が伝播する正にその瞬間をとらえた物だと言える。また「大系図評判遮中抄」の言う、氏郷に協力した「寺僧」が実際にどのように活動をしていたかを述べるものだと言ってよかろう。
 次に人物比定を行っていこう。森内記殿・美作守殿・関備前守殿の3名には侍が多数随行しており、「細野一郎左衛門」という「家老」がいた為、大名である事が分かる。これにより、寛文7年(1667年)当時における、以下の人々である事が判明する。

森内記殿    = 森内記長継  58歳 (美作藩 第2代藩主)
美作殿     = 森美作守忠政 31歳 (長継の長男)
関備前殿    = 関備前守長政 56歳 (長継の弟)
細野一郎左衛門 =(長政の家老)

 ところで、森長継の母は、初代美作藩主の森忠政の娘であり、森忠政の父が元亀騒乱志賀合戦で討ち死にした森可成なのである。このため森一族にとっては森可成は祖先であり、その壮絶な最後を聞いて涙したものと思われる。また、寛文3年から同7年まで足かけ4年も活動をしているため、一時の思い付きではないだろう。
 以上により、通説たる「大系図評判遮中抄」の言うように、氏郷には寺僧の手助けがあった事は間違いないが、その内容は通説と大きく異なっていたと推定したい。少なくとも、偽系図や偽書を乱造して出版した等という単純なものではないだろう。
 京極内蔵助による「ササキ本」の出版も、このような運動の中で行われた可能性が高いと思われる。


 第5節 舜英和尚の物語と東叡山寛永寺
先の文章の直後を見てみよう。



 「東叡山見明院罷帰」とあり、木屋氏が東叡山(江戸寛永寺)に帰ったとする。ならば「江州之屋形義秀」の物語も東叡山に伝えられたと見るのが自然だろう。
 ここでもう一度、通説たる「大系図評判遮中抄」を振り返ってみよう。そこでは沢田源内(佐々木氏郷)が六角家当主として水戸家に仕官しようとしたが、「東叡山宿坊吉祥院ノ沙門某ヲ以テ」佐々木義忠に話が伝わり、偽物で作り話である事が露見したとする。
 ならば、沢田源内(佐々木氏郷)が偽物で『氏綱流』も架空であるとの情報が、東叡山にもたらされていたはずだ。そして舜英和尚も偽物語をしたことが露見、近江に逃げ帰ったはずである。
 ところが、現実にはそうはならなかったのである。「来迎寺要書」を読み進めてみよう。延宝3年(1675年)4月条ではこうある。『紀要』6号21頁の最終行からの記事である。

「大猷院廿五年忌於東叡山御法事也如先年(以下略)」

 とあり、徳川家光25周忌法要に参加していた可能性が高い。和尚が近江へ逃亡中なら、かような事は出来まい。従ってこの点からも、通説たる士官活動失敗伝説は誤りであった可能性が高い。