六角義堯と六角義治は同一人物か? 

 通説では佐々木六角氏の正当当主は定頼系であり、定頼没後は承禎が屋形となったとする。そして承禎の子息には長男義治と次男高盛(『江源武鑑』では賢永と表記)がいたとする。
 そこで、一次史料たる発給文書が大量に残されている、『六角義堯』なる人物についてはこれを『義治』であるとする。
 そこでここでは、六角義治と義堯の行動を精査し、アリバイが無いかどうかを調べてみたい。