注釈・佐々木日記 寛永年間(1624年~1643年)

  年 月 日佐々木日記結論一次史料
寛永元年     
(1624年)     
  1 1晴れ  
   3晴れ 氏郷、六角家再興を願う  
   11晴れ 氏郷社参  
  5 1大雨・大雹  
  9 1大雨・大風、近江所々の大木倒れる  
  11 13大雨・後に雪  
  12   1大雪・越前への通路なくなる   
   29大雪   
 寛永2年     
(1625年) 1   1晴れ   
  2   1大雪   
    5 29義実の寺である、東光寺焼失。寺宝焼失   
  7   1晴れ   
    9 22大風   
  11   1大雪・山門(延暦寺)への東西からの通路なくなる   
  12 24大雪   
寛永3年      
(1626年)   1 1晴れ  
    2 12時ばかり大雨  
 閏4 14去る月14日より一滴も降らず  
  5 164月から一滴も降らず・草木枯れ井戸も枯れた  
  6 174月中旬から今日至っても降雨無し  
  7 184月から今日に至っても降雨無し  
  8   1午の刻に雨が下半時降る。びわ湖干上がる  
  8   3大雨  
  12 21大雪  
寛永4年 1   1晴れ晴れ慈性日記(天気)
(1627年) 8   1大雨降る・雹降る  
  12 23大雪  
寛永5年     
(1628年)   1   1晴れ  
  11   1大雪  
  12   1夜、子の刻に大風、後に雪  
寛永6年     
(1629年)   1   1晴れ。酉の刻に東に赤気あり。宝珠の如し。  
寛永7年     
(1630年)   1   1晴れ。今の天皇は女帝である。先年に先帝が譲位しようとし、幕府から使節が上洛し引き止めようとしたがその甲斐はなかった。今上帝の母上は徳川秀忠である。正しい
 この記述は全て正確である。
天気については未調査。
    8   1大雨  
    9   1晴れ  
     3慈恵大師の誕生日である。将軍家よりご病気祈願のため代参あると云々。  
  10   1  
  12   1大雪  
寛永8年     
(1631年)   1   1晴れ  
    2 22京都清水寺の再興の始めである。徳川家光の命である。  
    4   9大雨・雷  
   16晴れ  
 
10
 15大雪  
寛永9年     
(1632年)   1   1晴れ  
     3客星東の天にあり、輝き甚だし  
   14晴れ  
   19徳川秀忠病気のため代参あり。諸寺祈祷を行う。  
   24徳川秀忠死去。葬儀は江戸増上寺にて。追号台徳院殿。  
    8   1晴れ  
寛永10年     
(1633年)   1   1晴れ  
    3 15大雪  
    4 22晴れ  
  11 23
岐阜中納言平秀信の母死去。追号『徳寿院殿』。葬儀は聖衆来迎寺にて。
この寺の初代住職は佐々木高頼の五男である。
  
寛永11年      
(1634年)   1   1晴れ。酉の刻の東に白気あり。   
    3 11
坂本城築城の際に詠んだ歌が載っている。
 
浪間ヨリ重ネアケテヤ雲ノ峯 光秀
磯山ツゝキシケル杉ムラ  紹巴
トキヘ行コヘシタフヤ船トメテ 昌叱
 
この3つは元和4年に前屋形義郷へ献上されたが、その後紛失した。野村が氏郷へ献上する。
実在
この歌に関しては元禄8年生まれの『江村専斎』の友人が彼の日常を記した『老人雑話』に収録されている。ただし、作者と本文の文言がやや異なる。
 専斎は後水尾天皇と会ったことがあるので、このルートなら『佐々木日記』の作者が知りうる。
 なお、小瀬甫庵『信長記』には記載がないようだ。
 
 
 
 
    6 11徳川家光上洛。  
 閏7   7徳川家光の命により、洛中の町人達に銀50貫目が与えられる。『天海僧正曰く以金生気、当家昌栄云』  
    8 17江戸の町人達に銀5千貫目が与えられる。『天海又曰金生国是治国長久基云』  
寛永12年     
(1635年) 10   1徳川家光が旧法の軍役を改正した。その内容は以下の通り。   
  12   7洛下の東寺の塔が炎上。   
寛永13年      
(1636年) 11   9徳川家光から沙々貴神社へ神領の証文が発行される。神官は深尾右近大夫元吉。 正しい 『近江蒲生郡志』第6巻230頁に同内容の記載あり。
寛永14年      
(1636年)   8   1徳川家光病気。諸侯拝謁なし。   
     5将軍踊りを好む。諸侯も又好む。この間江戸城内にて毎日踊り有。三執権家甚だ踊りを好む。当時の武士に早歌を家業とするもの甚だなり。   
  10   9嵯峨の清冷寺炎上   
   10九州より注進。キリシタン蜂起その数3万余。   
  11 1キリシタン鎮圧軍、江戸を出発。  
   23キリシタン鎮圧の命下る。  
寛永15年     
(1637年)   1   1晴れ。  
     2江戸大火。  
     9島原攻めの所、大敗を期す。  
    2 28キリシタン鎮圧  
    3 11鍋島某 軍法に背き先駆けをしたため処罰される。  
    5 28
松原長門守父子、キリシタン事件のため、将軍より切腹を命じられる。
寺沢兵庫守はキリシタンに同心した咎にて、知行8万石の内4万石召し上げ。
  
寛永16年     
(1638年) 10   5
仙洞御所においてお会あり。連衆は、
①近衛前関白
②九条内府
③伏見親王
④八条親王
⑤竹内良恕法親王
⑥妙法院親王堯恕
⑦三条内大臣
⑧河野大納言
⑨飛鳥井大納言
⑩花山院大納言
⑪花山院少将
⑫高倉中納言
⑬その他の人々
 
判者 三条前内府
講師 飛鳥井少将
執筆 (解読不能)
 
御製
吾モ又白キツ見ハ更夜ノ月サヘ渡ルカサゝキノ橋
  
寛永17年     
(1639年)   6 21五機内で牛が多数死ぬ。前代未聞。占者によるとこの後天下で餓死者が多数出るだろう。  
寛永18年      
(1640)    3   1中江藤樹の事。   
    7   2
徳川家光は37歳であるが、いまだ世継ぎがいない。妾1人が子を孕んでいるだけである。
幕府から度々日光山に対し男子ご誕生の遣いがあり、天海大僧正が祈祷をしている。天海は遂に日光山を出ない。 
  
    8   3徳川家光の妾から若君が誕生する。竹千代丸と号する。これは家康の幼名である。   
   19若君の母君一族をことごとく呼び出して知行を与える。   
寛永19年      
(1641年)   2   1大飢饉。   
  12 19将軍家より禁中東福門院の警備強化の命が下る。騎馬5騎・歩兵30人・大将1人   
   24東宮より愛宕山へ代参あり。