第1章 『大系図評判遮中抄』と『佐々木氏偽宗弁』

 ここでは、『大系図評判遮中抄』が、如何なる史料によって書かれたのかについて、考察を加えていきたい。そしてその前提として、前述したように『佐々木氏郷』以外にも『佐々木六角氏正統後継者』であると主張した人物が2人いるので、彼らについて概略を紹介したい。
 佐々木六角氏当主の佐々木高頼には長男『氏綱』がおり、氏綱に子孫がいたとする説を『氏綱流正統説』という。
 これに対し高頼の次男『定頼』の子孫が正統であるとする説を、『定頼流正統説』という。定頼には長男『義賢(承禎)』がおり、その義賢(承禎)には、長男『義治』と次男『高盛』があった。また『義治』には男子の子供はいなかったとされる。
 『大系図評判遮中抄』は、『高盛』の次男を正統と主張する物である。『寛永諸家系図伝』には、この説が採録された。この一族は江戸幕府の旗本となったので『旗本佐々木氏』と呼ばれる。
 これに対し、『高盛』の長男を正統とする物がある。『佐々木定賢』が記した『佐々木氏系譜序列』である。彼は加賀藩に仕えたので『加賀藩士佐々木氏』と呼ばれる。『佐々木氏系譜序列』よると、『作者』と『される』定賢自身が、佐々木六角家正統後継者であるという。
 『佐々木氏系譜序列』は、高盛次男の系統である『旗本佐々木氏』を、血の繋がりはあるが家督は継承していないと糾弾する物である。そして『氏綱系正統説』である『佐々木氏郷』に対しては、『佐々木氏偽宗弁』にて、血の繋がりさえない全くの偽物であると主張している。