日記等への登場から見た両者の関係

  年 月 日本文居場所史料
 慶長7年
(1602年)
1027晴、源、田中民部来、春可口ヲ切、佐〃木玄入被来信尹宅
三藐院記
(信尹公記)
慶長12年
(1607年)
  517(前略)佐々木玄由公(後)相国寺
鹿苑日録
(第46)