第6章 京極内蔵助の素性


  第1節 「混見嫡写」に見る「ササキ本」成立経緯


京極内蔵助と「先代旧事本紀大成経」の「ササキ本」との関係について、加賀藩士の吉田守尚が著した「混見摘写」に、原典は不明ながら守尚が書き写した書物の内容が記されている。その内容を、日置謙氏が紹介されているので見てみよう。

国立国会図書館デジタルコレクション所蔵
日置 謙『重訂 越登賀三州志』 773頁
請求記号 640-178

 

 

  第2節 京極内蔵助の身分と木曽福島関所

 上記の通り「混見嫡写」では、京極内蔵助の事を「京極内蔵介とて、館林様の御台様に附来る者」としている。この点については実際に一次史料によって確認を取る事が出来た。
 寛文4年(1664年)8月に、鷹司家の姫君が館林家に輿入れするために下向の旅をしていた所、手形記載の人数と供奉の人数が相違するという事件があった。この時の記録が木曽福島関所の記録に残っていたのである。五十嵐富雄氏が『近世関所の基礎的研究 中山道碓氷関所を中心として』にて、「御関所事雑留」という史料を翻刻文と共に解説をされているので見てみよう。なお、現代語訳は当研究室で追加させて頂いた。

多賀出版
五十嵐富雄 
『近世関所の基礎的研究 中山道碓氷関所を中心として—』



 なお本件の旅は、長野県発行の「長野県史」近世資料編第5巻中信地方291頁以下に所収の「筑摩郡本山宿本陣大名宿泊留」にも記録されている。そこでも「京極内蔵助殿」と記載されており、その史実性に疑問の余地は無い。
 また、同人は鷹司家の姫君輿入れの旅について、「宰領」つまり責任者を任されている。館林藩又は鷹司家の上級家臣であろう。

 

  第3節 「ササキ本」の奥書と鷹司房輔

 ここで、今一度、「先代旧事本紀」のササキ本の奥書を見てみよう。

東洋文庫所蔵
「先代舊事本紀」
請求記号 三-A-g-3

『至成頼始改鷦鷯二字為佐々貴三字然後世領江州傳以斯書夫以鷦鷯家譜並永補任従五位嘗後鳥羽院辱染宸翰賜干管領六角泰綱京極氏信兄第今又攝政關白従一位前左大臣藤房輔公自操紫嘗賜干吾家者血脉不絶書傳在干家之餘烈也唯恨陀邦異端日盛本朝神道月衰牟恭惟吾神國之天皇者
 日御種而道己巍巍誰不尊敬矣其生斯國而貴異法者正可謂神敵乎誤之大者何如焉故鋟梓斯書以弘家傳□廢道之再興者也因玆謹書干東武

 寛文庚戌歳季夏上浣
 八雲軒住央命源朝臣能門』

 氏郷が主張したのと同じ主張がされている。そして同書が京極内蔵助から出版されている点を鑑みると、「混見嫡写」の言う「最初内蔵介申すに依って鷹司関白房輔公(此御所は物事軽々敷御生得とぞ。)大成経御奥書を被加、禁裏御文庫へも入れらるゝと也。」が史実であった場合、京極内蔵助こそが氏郷の協力者であった可能性が非常に高くなる。

 「大系図評判遮中抄」では氏郷の協力者を「阿党」とし、ならず者の様に表現しているが、史実は鷹司家の上級家臣や聖衆来迎寺和尚など、かなり身分の高い者達だったと言えよう。