和歌山大学附属図書館 紀州藩文庫 歴史/544/11/70
 
  天正10年(1582年)本能寺の変から筆を起こす、日記形式の史料。内容は「江源武鑑」と極似しているが同文ではない。後半は佐々木氏郷の行動を中心に、寛文3年(1663年)までを記す。
 
 盛岡市中央公民館 マイクロ収集 1205
 
 天文6年(1537年)から筆を起こし元和9年(1623年)に至る、日記形式の史料。
 六角氏を中心に記し、佐々木六角氏綱に嫡流子孫がおり、義実ー義秀ー義郷ー氏郷と続いたとする点を最大の特徴とする。